鼻翼縮小の鼻整形

鼻は上下に長いですが、下の穴に近い部分が広がっており、だんご鼻などで悩んでいる人もいる様ですね。その場合には、鼻翼縮小の鼻整形を行って、物理的にすっきりとさせる事もできます。鼻翼が細くなるだけでも、鼻が高く見える効果も期待できるかもしれませんね。横から見ると鼻の高さが分かりますが、正面から見ると鼻の高さよりも、鼻翼の広さなどが目につく事もあります。

ですので、鼻翼縮小の鼻整形を受ける事で、かなり印象を変える事も可能かもしれませんね。もしかすると、モデル様な素敵なルックスが手に入るかもしれません。
最近では切らずに行う施術などもある様です。
この手術は更に身近に感じられるかもしれませんね。

団子鼻を解消したい人に人気の鼻整形

様々ある鼻整形の中でも団子鼻を改善したい、鼻先を小さくしたい、鼻が大きい印象を解消させたいといった場合に人気なのが鼻尖形成術です。団子鼻の原因は、軟骨の発達や皮下脂肪の厚さなど、人によって異なります。軟骨が発達している場合適しているのは鼻尖形成術です。

余分な軟骨を切りとることで、スッキリとした細い鼻先に改善させることができます。鼻の内側から余分な軟骨や脂肪をなどの原因を取り除いていく施術方法なので、傷跡も目立つことがなく、施術後も効果は半永久的に持続し、自然な仕上がりとなるため、リスクの少ない施術方法となっています。

人気を集める鼻整形について

日本では、鼻を高くするための鼻整形がとても人気を集めています。一口に鼻を高くする整形といっても、施術方法、料金などに応じて色々とあります。中でも確実に鼻を高くしたい人に人気なのが、鼻プロテーゼです。この施術は、鼻の骨と骨膜の間にシリコンを挿入して鼻を高くする施術です。

鼻の中を切開して挿入するので、傷口は全く目立つ事がないです。ただメスを使う施術なので、施術後、数日は患部に腫れが見られます。また、軽くジンジンする程度の痛みが数日続きます。しかし、腫れが引いた後は、自然な高さの鼻になるので、人に分かるといった事はありません。

プロテーゼを使った鼻整形の特徴

プロテーゼを使った鼻整形は、外国人のように鼻筋が通り、立体的な顔立ちに見せる効果があります。眉間が平らであるために、目と目の間が離れている印象がある人や、自然な印象の高い鼻にしたい人、永続的に鼻を高くしたい人などに適しています。

鼻整形で使用するプロテーゼの形は、I型・L型・バード型があり、長さや厚み、高さなどによって種類も様々です。医師は患者が希望する仕上がりになるよう、最適なプロテーゼを選び、調整しながら挿入します。ベストな位置に正しく挿入していれば、入れ替えをする必要はなく、半永久的に美しい鼻を維持することができます。

鼻整形はしたいけど手術はしたくない人に最適な治療法

鼻整形には様々な種類の施術方法がありますが、中でも手術はしたくないけど鼻を整形したいという人にお勧めなのが、「切らない鼻中隔延長」と呼ばれる施術方法となります。「切らない鼻中隔延長」というのは、体内で溶ける性質の医療用の糸を使用した施術法です。

糸を鼻先から挿入して、鼻筋をハッキリとさせたり、鼻先をツンとさせることが可能です。使用する糸には特殊な返しがついていて安定性に優れており、医療用の糸なので体内に異物が残ってしまう心配もありません。体内で吸収されたあとも糸の周囲のコラーゲンが繊維化し、鼻の高さを支えてくれるため、すぐに元に戻ってしまうこともなく、しっかりと効果を実感することができます。

脂肪吸引について